エイジングケアは何歳からすればいいのですか?

エイジングケアは、40歳になってから、あるいは30代になったら、と考えるかもしれませんが、早く始めるに越したことはありません。

人間の肌は、生まれたときから紫外線やストレスの影響を受け、次第にさまざまなトラブルが生じてきます。

自動車の塗装を守るためにワックスをかけたりコーティングをしたりしますが、同じように、できるだけ早い段階からケアしておくことは重要です。


■食事によるエイジングケア

エイジングケアは化粧品でするもの、と思われるかもしれませんが、そればかりではありません。

肌にもっとも大きな影響を及ぼすのは、

 ・紫外線
 ・ストレス
 ・毎日の食事

などですが、健康的な食生活を心がけるだけでもエイジングケアにつながるものです。

エイジングケアに必要な栄養素は、

 ・セラミド
 ・コラーゲン
 ・ヒアルロン酸

などですが、化粧品からではなく、食事からとることもできるものです。

セラミドは、玄米を食べることでとることができ、肌を紫外線や刺激から守ってくれるものです。

また、牛すじ肉や手羽先に多く含まれるコラーゲンは、皮膚の細胞どうしをつなぎとめる働きがあり、しわやほうれい線の予防に効果があるものです。

同様に豚足や鶏の皮に多く含まれる、ヒアルロン酸は、肌の保湿を保つ成分です。

肌が乾燥してしまうと、シミやしわなどのトラブルが多くなるので、積極的にとるようにしたいものです。


■化粧品によるエイジングケアをするなら

高校生、あるいは大学生になると、多くの女性が化粧をするようになりますが、エイジングケアに効果のある化粧品を選ぶようにすると、

 美しく見せるだけでなく、いつまでも若くいられる

というメリットがあります。

化粧品を選ぶときは、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などを多く含み、それをしっかり肌の奥まで浸透させることができるものがベストです。

安い化粧品で済ませよう、と考えると、エステや美容整形などで、結局、高くついてしまうこともあるからです。

このブログ記事について

このページは、pjが2015年4月28日 10:52に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「プロビジョン アクアライ 口コミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。